妊娠5カ月(16~19週)- お腹が膨らんでマタニティウェアが必要になる

ふんわりパパ
監修ふんわりパパ 育児サポーター
2019/02/17 更新

妊娠5カ月(16~19週)- お腹が膨らんでマタニティウェアが必要になる

  1. パパ向け!妊娠5カ月の基礎知識
  2. 妊娠5カ月はお腹の赤ちゃんが動き始める
  3. 妊娠5カ月の体験談や口コミ

パパ向け!妊娠5カ月の基礎知識

胎児の成長

  • 身長25cm、体重270gが平均です。
  • 髪の毛が生え始めます。
  • 骨の周りに筋肉と脂肪が付きます。
  • 指しゃぶりが頻繁に見られます。
  • 体勢次第では男女の診断ができます。
  • 後期には胎動を感じます。

ママの生活

  • お腹の膨らみが目立ち始めます。
  • マタニティウェアが必要になります。
  • 適度な運動をしても大丈夫です。

家族の予定

  • 4週に1回健診を受けます。
  • 産みたい病院の分娩を予約します。
  • 母親学級や両親学級に参加します。
  • 戌の日に安産祈願をします。
  • 出産のイメージを話し合います。
ふんわりパパ
パパ
出産の準備がスタートします。

妊娠5カ月はお腹の赤ちゃんが動き始める

骨と筋肉が急速に太くなっていく

妊娠5カ月目の胎児は平均身長25cm、平均体重270gに成長しています。エコー検査をしても、体が大きいために体の一部しか映りません。それほどまでにお腹の赤ちゃんは成長しています。

骨は太く丈夫になり、背骨も白くくっきり見えます。基本的には体を丸めてうずくまっていますが、筋肉が強くなっているために手足を一生懸命に動かして、指しゃぶりや目をこする動作も確認できます。

妊娠5カ月目に骨と筋肉が急速に太くなっていく

エコー検査で特に確認したいポイントは、心臓、胃、膀胱の発達です。心臓は、左心室、右心室、左心房、右心房の4つに分かれていることが重要です。この正常な状態により、心臓が血液を全身に送ってくれます。

また、お腹の赤ちゃんは羊水を飲んで消化器や循環器が膨れます。胃や膀胱が膨らんでいることがポイントで、消化、吸収、排出機能の確認ができます。

5カ月後期から胎動が起こり始める

胎動とは「胎児が動く」の略で、お腹の赤ちゃんが動いてママがその動きを感じる現象です。早い子では5カ月目の中期や後期、多くのママは6カ月目には実感できます。パパも小さな胎動を感じたら、たまにお腹をさすってみましょう。

胎児は5カ目を過ぎると感覚器官が発達して、ママの声やお腹を叩く音も耳も聞こえるようになります。さらに7~8カ月目になると、その音に胎児が反応して、ゴロゴロと動くこともあります。

ふんわりパパ
パパ
お腹の赤ちゃんの反応は楽しみの1つです。

シンプルなマタニティウェアを着回す

お腹周りが大きくなり、これまでとの同じ服を着ることは難しいです。少し大きめの服も1~2カ月後にはサイズアップします。そのため、上半身はゆったり目の服装で構いませんが、パンツはマタニティウェアが必要です。

ただ、マタニティウェアはそれなりの値段がするわりに、ほんの数カ月しか着ません。そのため、なるべくシンプルでコーディネートがおすすめです。

例えば、お腹の大きさにぴったりとフィットする伸縮素材のパンツならば、妊娠初期から臨月まで長く使えます。産後もすぐには体形が戻らないため、そのまま履き続ける人も多いです。

腰回りを調整するために、幅が広いゴムで全体を覆っていたり、伸縮率が異なるゴムを2重に使っていると、履き心地が異なります。ファスナーも前ではなくサイドにあったほうが、脱ぎ着するときが簡単です。

ふんわりパパ
パパ
一緒に買いに行くとパパも詳しくなる。

妊娠5カ月の体験談や口コミ

足がむくんで重く感じる
2017/08/03
30代 女性
妊娠5カ月

妊娠5カ月を過ぎると、足が重く感じられるようになってきました。足も以前よりも少し太くなっているように見えます。

この症状は足の浮腫であり、体内の水分がうまく排出されずに、下半身に溜まりやすくなる状態です。痛みを伴うことはありませんが、腫れていることはすぐにわかります。

浮腫は妊婦が起こしやすい症状で、その程度は人それぞれです。即効性のある対処法はありませんが、私は足をこまめにマッサージする、夜寝るときに足を高くする、締め付けるタイプの靴下を履くが有効でした。

悪阻がなかなか治まらない
2017/07/15
20代 女性
妊娠5カ月

私はなかなか悪阻が治まりませんでした。一般的に妊娠5カ月目は胎盤が安定して、流産になる可能性が低くなることから、安定期とされています。この安定期を境に悪阻が落ち着くことが多いです。

ただし、悪阻がどれだけ続くかは個人差があります。妊娠5カ月になる前後2週間程度が目安になるため、それ以降も治まらないときや気になるときは専門医を受診します。

生理痛に似た腹痛が起こる
2017/04/04
20代 女性
妊娠5カ月

妊娠5カ月目を過ぎたあたりから、たまに生理痛に似たような感じの腹痛を感じることがありました。これは子宮の収縮によって腹部が締め付けられてしまい、生理痛のような痛みを感じる現象です。

誰にでも起こり得る現象であるため、発生を心配する必要はありませんが、今後、出産の時期に向けて子宮の収縮の回数は頻繁になっていきます。頻度が多かったり痛みが強い場合は医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。

著作・制作など

ふんわりパパ
ふんわりパパ
監修・執筆・編集
会社員/育児サポーター。パパ、ママ、長男(年長)、長女(年少)の4人家族。夫婦共働きで住宅ローンを返済している普通のパパ。子供と出かけることが好き。