【漫画】粉薬の飲ませ方は?子供が喜んで食べる方法

ふんわりパパ
監修ふんわりパパ
2019/06/05 更新

「薬玉を作ってみたら‥‥」

薬剤師直伝!子供に粉薬を飲ませる簡単な方法! ①粉薬を小皿に移して ②1~2滴の水を加え ③指でコネコネすると 完成! あとはこの団子を子供の頬の裏側にすりつけるだけ‥‥ いろいろ試してみるけどうまくいかないことも多い

「園長先生直伝の飲ませ方」

だからにが目の抗生剤が処方されたときは‥‥ 超激甘パパスペシャル! 保育園 園長先生! 粉薬の飲ませ方で何かコツありますか? これバナナの粉よ~

子供は味に敏感だけど信じやすい

個人差はありますが、我が家の2歳児の場合は「薬=苦い」と思い込んでいました。そのため、ヨーグルトやアイスなどの甘い物に混ぜても吐き出します。興味をそらしても口に異物が入ると、すぐによだれともに出すわけです。

しかし「黄色い粉薬=バナナの粉」や「赤い粉薬=いちごの粉」と信じこませることで、喜んで食べてくれました。味そのものよりも意識の問題かもしれません。いずれにしても困ったときは園長先生のアドバイスが有効です。

また、あまりに甘い食べ物を多用すると、服薬時に毎回手間もかかります。そのため、クラリシッドなどの一部の苦い薬を飲むときのみ、練乳やジャムの出番にしました。

ふんわりパパ
パパ
育児の悩みは経験者に聞くと解決します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

書いている人

ふんわりパパ
ふんわりパパ
会社員/ブロガー
パパ、ママ、長男、長女の4人家族。夫婦共働きで住宅ローンを返済している一般的なパパ。几帳面で掃除と整理整頓が好き。
ふんわりママ
ふんわりママ
会社員
パパが書いた記事を読んで、間違っている部分があると指摘してくれるが、自分では書かない。キュートでクレバーなワイフ。

スポンサーリンク