【漫画】胃の健康診断!バリウムより内視鏡のほうが早期発見できる

ふんわりパパ
監修ふんわりパパ
2019/08/14 更新

「血液検査ではわからない」

胃の役割は食べ物の殺菌と貯蔵です 37℃前後の人の体内でも食べ物は腐りません 胃の筋肉は伸縮性があり 食後は膨らみます 胃が病気になると自覚症状が出やすいです

「バリウムより胃カメラ」

検査 胃カメラ(内視鏡) 検査 バリウム(胃部X線) 早期の胃がんは平坦型が多く 粘膜の色しか変化しません 検査 ピロリ抗体検査

「胃がんのリスクを検診」

検査 ペプシノゲン ピロリ抗体検査とペプシノゲンを合わせた胃ABC検診にて 胃がんのリスクを推測します 病気①慢性胃炎 病気②胃ポリープ

「ピロリ菌の除菌が優先」

病気③胃潰瘍 病気④胃がん 統計 予防

胃疾患の特徴

胃の役割は食べ物の殺菌と貯蔵です。胃は胃液で食べ物を消化しますが、胃壁は粘液が付着してあるために溶けません。しかし、ピロリ菌が存在すると、粘液の量が減って、次第に胃壁が胃酸でダメージを受けていきます。

粘液や胃壁が炎症すると慢性胃炎になったり、胃ポリープや胃潰瘍ができやすく、胃がんの発生率も上がります。胃がんの原因の99%はピロリ菌が根底にあるように、胃がんを予防するにはまずはピロリ菌の除去が優先です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

書いている人

ふんわりパパ
ふんわりパパ
会社員/ブロガー
パパ、ママ、長男、長女の4人家族。夫婦共働きで住宅ローンを返済している一般的なパパ。几帳面で掃除と整理整頓が好き。
ふんわりママ
ふんわりママ
会社員
パパが書いた記事を読んで、間違っている部分があると指摘してくれるが、自分では書かない。キュートでクレバーなワイフ。

スポンサーリンク