【漫画】痛みを与えるしつけは必要?子供への体罰はしつけに逆効果と判明する

ふんわりパパ
監修ふんわりパパ
2019/08/19 更新

「ほっぺをびろ~ん」

パパー!すべるから見ててー! ‥‥ えっ!? 僕赤ちゃん嫌い! スミマセン!スミマセン!

「滑り台の上でドン!」

今度やったらひっぱたくからね! あっ!? 何やってるの!! こっち来なさい! 怒りすぎじゃない? その場でわからせないといけないのよ!

子供への体罰はしつけに逆効果

子供への体罰の必要性については賛否両論ありながら、一昔前と比べると体罰反対派が浸透しています。他人がしつけの意味で自分以外の子供を叩くと警察が動き、教師の体罰は教師への戒告処分につながります。

この傾向は親が子供にする体罰も同様です。世間的に「体罰によるしつけと虐待の違いはない」と判断され、体罰をするときは「イライラしていた、精神的に疲れていた、配偶者に不満があった」と親に原因があったりします。

欧米でも体罰肯定派は減っており、福祉先進国のスウェーデンでも「体罰を使用する人」の割合は1960年代に約95%でしたが、2000年代には約12%に減りました。この理由は「子供への体罰はしつけに逆効果」であることが認識されており、先の研究でもそれが証明されているためです。

日本経済新聞(2017年7月31日)によると「東京医科歯科大教授の藤原武男氏と米ハーバード大教授のイチロー・カワチ氏の研究でも、悪いことをしたときにお尻などを叩くなどの体罰は、将来、約束を守れないなどの問題行動につながり、しつけとして逆効果であることがでわかった」とありました。

今回の研究結果では体罰によって「集中できない、落ち着きがなくなる、我慢できない、約束を守れない、集団行動できない、感情を閉ざす」といったリスクが1.5~1.6倍ほど高くなる可能性を示しています。

子供が「人を叩いた」や「物を盗んだ」という行為を、親は「一線を超えた」と判断して、やむを得ず体罰をする人もいます。

ただ、けがをしない体罰でも心への悪影響は残るようです。親も叩きたくて子供を叩いているわけではありませんが、個人的には親が子供を叩く必要性には否定的という意見です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

書いている人

ふんわりパパ
ふんわりパパ
会社員/ブロガー
パパ、ママ、長男、長女の4人家族。夫婦共働きで住宅ローンを返済している一般的なパパ。几帳面で掃除と整理整頓が好き。
ふんわりママ
ふんわりママ
会社員
パパが書いた記事を読んで、間違っている部分があると指摘してくれるが、自分では書かない。キュートでクレバーなワイフ。

スポンサーリンク